夫の扶養に入れない!? 在宅ワークの意外と厳しい扶養の認定基準


先日、在宅ワーク主婦が注意すべき、確定申告のポイントについて書きました。

【参考記事】
→在宅ワーク主婦は要注意! 確定申告で知っておくべきこと!

今回のエントリーも、その関連ネタで、在宅ワーク主婦が、夫の扶養に入れるかどうかの認定基準について、書いてみたいと思います。

まず、夫の扶養に入れないとどうなるか? 

国民年金と国民保険を、毎月、自分で支払わなければならず、最低でも年間で24万円~、負担する必要がでてきます。

ちなみに、私は、夫の扶養には入ってないので、自分で払ってますが、ちょっと稼ぐと国保がたか~い(泣)

税金よりも、社会保障費の方が、よほど負担感がキツい…^^;

会社員の頃は、社会保障費の半分は、会社が負担してくれていたので、これ、個人事業主になって、はじめて分かりました…

なので、扶養に入るために、パートなんかでも、計算して働いてる主婦の人も多いですよね、

パートのような給与所得なら、認定基準はシンプルで、年間130万円未満なら、夫の扶養に入れます。

じゃあ、在宅ワーク主婦の場合はどうでしょう?

これは、ほんとに人それぞれ、というか、夫の会社が入ってる健保組合の、扶養の認定基準によって違ってくるので要注意。

ちなみに、うちの夫の会社の場合、個人事業主の場合の被扶養認定は、

「売り上げから、必要最低限の経費を差し引いた所得」が年間130万円未満

って、書いてありました。

これ、必要最低限の経費ってとこがミソで、接待交際費や広告宣伝費、雑費、減価償却費は、経費としては、いっさい認めない、とありましたね。

ようするに、「いろいろ経費つけて、所得おさえても、扶養に入れないから」ってことですね^^;

そして、もう1つミソなのが、扶養に入るにしても、ちゃんと帳簿をつけて、この経費は、必要な経費なんです、という証明が必要ってことです。

もっと厳しい健保組合だと、

・経費は、必要なものでもダメです、売り上げ(収入)の金額だけで見ます

・個人事業主は、収入の金額にかかわらず、扶養には入れません

みたいなところもあるそう、基本的に、健保は赤字のとこが多いので、認定基準は厳しめのよう。

まあ、でも、在宅ワーク主婦の場合、年間38万円以下なら、確定申告する必要はないので、38万円までは収入なしの扱いで扶養に入れると思うけど。

そして、これも、うちの夫の会社の扶養の認定基準について、書いてあった一文だけど、

扶養の認定基準を満たさないと、後から判明した場合、その時点にさかのぼって、認定を取り消します。

と書いてありました、つまり、無理に扶養に入って、後から、否認されたら、その間にかかった医療費は、全額が自己負担になるってこと。

後から、医療費を請求されるのもヤバいけど、なにより、会社での、夫の立場も微妙になりそうな感じです。

ということで、私の場合は、夫の扶養には入るのは、そうそうに諦めました。

扶養の認定基準については、その健保組合ごとに、方針が違うので、在宅ワークで働きたいと思ってる主婦の人は、一度、ちゃんと調べておきましょう。


「夫の扶養に入れない!? 在宅ワークの意外と厳しい扶養の認定基準」への2件のフィードバック

  1. アルパカーノさん、初めまして!

    ikuraと申します。
    私も、このことに関して
    今回算出してみて??と疑問に思っているところが
    ありました。

    夫の勤める会社によって条件が違ってくるとの事、
    ちょっと目からウロコでした~。

    私も含めて、周りには
    どうしたらいい?と悩んでいる方は
    多いです。
    有意義な情報ありがとうございました、。

    応援していきます(^^♪

    1. ikuraさん

      コメントありがとうございます。
      経理も確定申告も、全部、自分でやらなければいけないので、大変ですよね。

      有意義だったと言ってもらえると、私も、書いたかいがあります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)