在宅ワーク主婦は要注意! 確定申告で地獄を見ないために知っておくべきこと!


確定申告の季節がやって来る!

先日、うちにも、税務署から確定申告の書類が届きました。

在宅ワークを初めて、まだ、そんなに稼ぎはないけど、という人も、これは絶対に知っておいた方がいい、税金・確定申告ネタを、この時期に合わせて、ちょぼちょぼ紹介していきましょう。

・主婦の在宅ワークに103万円の壁はない

よく、主婦のパートなんかで言われる「103万円の壁」、これ、在宅ワークにはありませんので要注意。

在宅ワークの場合、例えば、専業主婦(給与などの収入がない人)なら、年間38万円以上で確定申告が必要、そして、サラリーマン(給与所得のある人)なら、年間20万円以上です。

なので、パート主婦にとっての「103万円の壁」は、在宅ワーク主婦にとっては、ぐっと下がって「38万円の壁」ってことに、

普通に確定申告する場合、月4万円も稼いだら、あんがい簡単に壁を超えてしまいますね…

でも、確定申告を、青色申告という制度を使ってすれば、65万円の青色申告控除という特典がもらえ、

38万の壁 + 65万円の青色申告控除 = 103万円

になり、この壁を103万円まで引き上げることができます。

つまり、在宅ワーク主婦は、青色申告をしてはじめて、パート主婦と同じく、「103万円の壁」がゲットできるということです。

なので、昨年の在宅ワークの収益が38万円以上ある人は、気をつけましょう~

でも、青色申告は、少々めんどくさいですが、いろいろなメリットもありますよ、例えば、「家事按分」という制度があって、在宅で仕事をしてるなら、家賃・光熱費の一部が経費にできます。

在宅ワークの収入が年間200万円を超えてても、経費で100万円をマイナスできれば、103万円の壁におさめられたり、これ、パート主婦にない特典、

ちなみに、家賃・光熱費の支払いは、旦那さん名義の口座から、という場合でも、在宅ワークをしている妻の経費にしてOKです。

そして、なんなら、赤字で申告もできます、去年の在宅ワーク収入は38万もなかったけど、あえて経費をつけて赤字で青色申告しておけば、この赤字、3年まで繰り越せるんです。

私は、以前、赤字で申告したこともありますが、翌々年に、その赤字を使って、かなり税金を節約できました。

まだ月2~3万円くらいしか稼げないけど、3年以内に、月10~20万円くらいを目指してます、という在宅ワーカーなら、あえて赤字で確定申告しておく、というのもありですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)