私がはじめて作ったアフィリブログとは…初心者がやりがちな失敗例の典型だった話し


ブログでアフィリエイトをやりたい!

という人に向けて、今日は、私がはじめて作ったブログの話しをしましょう。

アフィリエイトを始めた当時、私は、まだ会社員をしていて、広告・マーケティング関連の会社に勤めていました。

【関連記事】
→私がアフィリエイトを始めたきっかけ

ブラックな労働環境にイヤ気がさし、会社を辞める決断をしたものの、なかなか辞めさせてもらえず、

みんなが帰ったあとの、暗いオフィスで1人、ブログを更新しながら、そのブログにアフィリエイトを広告を張ったりという…

想像しただけで、泣けてきますね(T_T)

そして、この時に作ったブログが2つ、ブログのテーマが、

・お取り寄せスイーツの紹介ブログ
・お洒落な海外風インテリアのフォトブログ

そんな暗い環境で作ってるのに、めっちゃ、女子力が高そうなブログで笑えますw

まあ、当時は、自分で自分のことを「女子」と言ってもいいような年齢で、しかも、広告やマーケティングの仕事をしてましたからね^^;

そして結論から言うと、この時に作ったブログでは、全く稼げませんでした。

これは、アフィリエイト初心者がやりがちな失敗例、自分の好きなことを書いても、それが当たるとは限りません。

アフィリエイトには、稼げるテーマというのあって、その中のテーマから、自分の書けそうなネタを選ぶべきなんです。

はじめて作った2つのブログは、典型的な失敗例でした。

そして、それらのブログは、いつしか放置されることとなり、会社を辞めた私は、就職活動をしながら、アフィリエイト以外の副業の道も模索しはじめます。

そんな私が、次に手を出したのが、株式投資や、FXなどの、いわゆるデイトレードで稼ぐという王道パターン、

はじめは少資金を投資して、日々のトレードの記録や、投資について勉強したことなどを、ブログに書きながら、アフィリエイトも続けました。

この時に作ったブログが、

・FXトレードブログ
・株式投資ブログ

結果から言うと、デイトレードでは、そこまで稼げなかったものの、FXブログのアフィリエイトがブレークしました。

FXブログでは、多いときで、月に100万円近く稼ぎましたからね。

そう、金融関連は、アフィリエイトでも稼げるテーマの代表的なもので、たまたま、そのテーマに手を出したのが幸運だったんです。

ちなみに、2つのブログのうち、アフィリエイトで稼げたのは、FXブログだけで、株式投資ブログでは稼げませんでした。

当時の、金融関係のアフィリを出してる会社の中で、株式投資の広告主は、ほんの数社だけ、しかも報酬単価も低めだったのに対し、

FXトレードの方は、いろんな会社が乱立してて、報酬単価もめちゃくちゃ高く、新規参入も相次ぐ業界でした。

しかも、当時の株式市場は低迷していたのに対し、FXトレードは、売りからでも買いからでも入れるので、円高だろうか円安だろうが関係ない、という特性もありました。

金融というテーマでも、稼げるジャンルと、稼げないジャンルが、明確に分かれていたんです。

私が、ほんとうにラッキーだったのは、アフィリエイトを始めた当初に、たまたま、稼げるジャンルに手を出したこと、

もし、それがなかったら、ここまで、アフィリを続けてなかったでしょうね。

ちなみに、今でも、FXは、アフィリエイト業界でも、そこそこ美味しいジャンルの1つだけど、昔ほどアツくないです、

そして、株式投資の方は、やり方次第で、けっこう、アフィリで稼げるんじゃないかな、という気がします。

アベノミクス以降、相場が、そういう流れになってきてますよね。

もし、今、私が、ブログを作って、株式投資をネタに書くなら、

「株式投資に興味はあって、アベノミクスに乗っかりたいけど、現物の個別銘柄は、ちょっとハードルが高くて、よく分からない…」みたいな層をターゲットに、

日経225のトレードネタをメインにして、CFD口座の開設アフィリエイトをやりますね。

トレード関連のブログは、その時の相場に合わせて、日々、更新しなきゃいけないので、ちょっと面倒くさいのが難点だけど。

あ、ちなみに、FX関連のサイトも、いちおう、今も1つ持ってまして、最初に作ったブログとは別に、FXトレードの手法みたいな、あまり時事にからまないネタでまとめてあります。

こちらは、ほぼ放置してますが、月5万円くらいの不労所得を稼いでくれてますよ。


「私がはじめて作ったアフィリブログとは…初心者がやりがちな失敗例の典型だった話し」への1件のフィードバック

  1. こんにちは。
    ランキングから来ました。
    私もアフィリしてはいるけど稼げていないので
    すごく勉強になりました。

    また来ます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)