私がアフィリエイトで成功できたのは、マーケティングが出来たからと思う


なんか、最近、忙しい。

ASPの人に、「こういう仕事できますか~? できそうなら資料を送ります。」と言われて、もらった資料が、想像以上のボリューム&お宝内容で、それをコンテンツ化するので忙しい。

ランサーズで、外注した記事が、思った以上のスピード感で納品されるため、それをコンテンツ化するのに忙しい。

いい感じの切り口を思いついたので、新しいサイトを2つほど作りたいんだけど、それを練るのに忙しい。

FXサイトで、特別報酬を設定してもらったので、記事を強化する月間として、FX関連記事を書くのに忙しい。

それとは別に、他のサイトでも、作りたいコンテンツがあって、ネタは集まってるので、それをコンテンツ化したいので忙しい。

ようするに、

やりたいことが多過ぎる!

でも、昨日と今日、久しぶりに、FX関連の記事を書いて、それぞれ2500~3000文字くらいのボリュームだったんだけど、実感しました。

自分の強みって、マーケティング視点で、記事が書けることなんだよね。

ライティングだけだったら、ある程度、外注できるし、ぶっちゃけ、私より上手い人は、いっぱい、いると思います。

でも、マーケティングの視点を持って、文章を書けるのが、自分の持ち味だったんだな、と。

そして、それ以外で、自分が持ってる武器なんて、あんまり、なくて、

WEBの知識に強いわけじゃなく、htmlとcssは、なんとなく理解できるけど、php? 何それ? おいしいの? ってレベルだし、

SEOは、がんばって勉強したけど、しょせん素人の、ニッチ狙い戦略だし、

昔、FXをブログでぶいぶい稼いでいた頃に、ASPの人に、「アルパカーノさんは商才があるので…」と言われたことがあって、

今、思えば、あの時、ASPの人が言ってた「商才」って言葉は、「マーケティング感覚」と、同じニュアンスだったのかな。

そうなんです、はっきり言って、文章が上手いだけじゃ、アフィリエイトでは稼げません。

アフィリエイトでは、それを読んだ人が、実際に、購入するなり、何なりの行動を起こしてくれないと、成果は発生しないわけど、

「行動を起こしたくなる」文章と、「キレイでまとまった」文章って、必ずしも、イコールじゃないんだよね。

私は、マーケティングの会社で働いていたので、勉強させられたし、マーケティングが分かってるのが、今から思えば、大きな武器でした。

例えば、昔、マーケティングの勉強した時に、実例で出されたのが、アサヒ飲料の「WONDA(ワンダ)」っていう缶コーヒー、

缶コーヒー市場は、サントリーのBOSSとかが強くて、ちなみにサントリーの売り上げの上位3つは、◯◯の天然水、BOSS、伊右衛門茶の順番、

いろんな飲料メーカーにとって、売れ線の缶コーヒー商品って、ほんとうにノドから手が出るくらい、欲しいわけです。

じゃあ、「WONDA(ワンダ)」は、どういうマーケティングで成功したのでしょう?

大ヒットした要因を、一言のキーワードで言うと、それは「朝専用」、

朝専用コーヒーとか、そういうフレーズ、なんか聞いたことないですか?

ぶっちゃけ、缶コーヒーなんて、中身は、しょせん缶コーヒー、でも、「朝専用」っていうのが当たって、すごく売れたんですよ。

マーケティングって、こんな風に、どういう切り口で売るか? みたいな視点って、すごく重要で、それが上手いと、消費者に響くんですね。

コーヒーだから、「コク」とか「深み」とか「焙煎」みたいなキーワードって、誰でも思いつくけど、それだと、消費者は、「ふ~ん、そうなんだ」って感じでスルーしちゃう、その切り口じゃ、他社の製品と差別化できないですよね。

でも、ちょっと変化球で、「朝専用」とか言われたら、飲んでみたいと思う人が多かったと。

正直、缶コーヒーって、飲まない人は、めったに飲まないし、飲む人は、しょっちゅう飲む商品、

他社の缶コーヒーを買ってた消費者も、「朝専用コーヒーってどんなん? じゃあ、1回飲んでみようか」って思わせるマーケティングだったというわけ。

「朝専用」という言葉で、ライバル製品と、上手く差別化できたということですね。

こういうマーケティングの考え方って、アフィリエイト記事を書く時にも、すごく大事。

今日と昨日で、私が書いたFXのアフィリエイト記事も、切り口を、いろいろ考えて作ってます。

例えば、FXの口座開設のアフィリエイト記事を作ってください、って、ランサーズで発注したら、たぶん、こんな感じで、

FXの魅力は、レバレッジをかけられて、少ない資金でもトレードできることです。
少額の証拠金でも、投資をはじめられ、買いからだけじゃんく、売りからでも入れるFXは、株式投資より初心者でもとっつきやすいのが嬉しい。
~~なんとかかんとか~~

ぜひ、あなたもFXを初めてみませんか?
【なんとか証券にFX口座を開設する】

文章としては、まとまってても、これじゃあ、読者に響かないって感じのライティング。

っていうか、アフィリエイターとして売りたいのは「FX」じゃなくて、「なんとか証券の口座開設」なんですよ。

ライティングとしては正解かもしれないけど、FXの紹介しても仕方がないんです、なんとか証券に口座を作りたくなる文章じゃないと、それがマーケティング。

例えば、実際に、私が、FXのアフィリエイト記事で書いてるのって、

なにがし証券:ミラートレーダーというFXの自動売買ツールが使える

じゃあ、実際にFXの自動売買を1ヶ月くらい、回してみて、トレードの勝率と、実際に稼いだpipsを、取引画面の証拠つきで紹介。

ほにゃららFX:セミナー動画や、その他のイベントが充実してる

動画セミナーをいくつか受けてみて、感想付きで紹介、そのセミナーで習った手法で実際にトレードしてみて、取引画面の証拠つきで紹介。

そのFX業者ごとに、差別化ポイントと、これなら、ここに口座を作りたいな、って読者が思う視点を取り入れて書きます。

正直、めんどくさいんだけどw

でも、読んだ人に、口座の開設までしてもらうには、これくらいやっても、実際に口座を作ってくれるのは、100人に2~3人くらい。

昔はさ、口座を開設するだけで1万円キャッシュバックキャンペーンとかあって、すごいのは、

「ただで20万円を稼ぐ裏ワザ!」みたいなサイトで、20社のFX口座を開設しましょう、みたいな、FXとは何も関係ないようなサイトとかあったの。

でも、これも一種のマーケティングだよね、「20万円稼げる」マーケティングw

でも、今は、そんな美味しいキャンペーンって、もう、どこもやってないです。

今日、FXのアフィリ記事を書くのに、外為オンラインのサイトをチェックしたら、「100lot取引で5000円キャッシュバック」だったよ、ここ、昔は、「1lot取引で1万円」だったのにね。

1lotだったら、まあ、損したとしても、マイナス2~3千円くらいで止めちゃえばいいから、それで1万円もらえたら、7~8千円はプラス。

でも、100lotって1億円ですよ(1ドル100円として)、レバレッジかけられるし、トータルで100lotだから、もちろん1億円を持ってる必要はないけど、でも、100lotまわす人が、5000円キャッシュバックにつられて、口座つくるわけないしw

キャンペーンで釣れなくなった今となっては、正攻法で、記事を書かなきゃいけないから、けっこう大変で、

昨日も、記事用の画像で、FXのチャートのキャプチャを取るだけで、2日とかかけて値動きを追って、こういう風に動きましたね、みたいな感じで、

まあ、それなりに大変だったけど、久しぶりに、自分の原点に戻って、いろいろ考えるきっかけになったので、よかったです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)